日経新聞より「住宅ローン減税省エネ性能で差」の記事をご紹介します。

住宅ローン減税の見直しにより、控除率は1%から0.7%に縮小され、新築の減税期間は原則13年間に延長となります。

今回の税制改正によって、省エネルギーや脱炭素に貢献するような住宅の環境性能に応じて控除額が変動し中間層が恩恵を受けやすい制度に改められます。

対象要件となるZEH住宅に対するニーズは益々高まることが見込まれますが、ハウスメーカーや工務店は「意匠設計」「断熱設計」「設備設計」に渡る設計業務の合理化や効率化が課題となるでしょう。

弊社が推奨している「ARCHITREND ZERO」なら外皮性能計算や一次エネルギー消費量の算出、パッシブデザインチェックなどのシミュレーションから申請図書作成まで、あらゆる業務を大幅に削減します。

製品導入に関するご相談は是非システム・イーシーまでお問い合わせください。

IMG_0950.jpgIMG_0952.jpgIMG_0951.jpg

システム・イーシー:建築関連事業ページ

PREV
BACK
NEXT